人妻と性を学ぶ

 

 参照:池袋の風俗求人 

夫は仕事で当分家には帰って来ませんので…せめてその間だけでも私を貴方の奴隷として飼って戴けませんか?

 

少しでも私の誠意を伝える為に…今貴方のポイントを立て替えておきました。

 

これでご主人様になってくれなんて言いません…ただ、少しでも私は貴方に尽くしたいという気持ちだけは理解して貰えませんか?

 

 

夫は私が奴隷として生きてきた事なんて一切知りません…

 

そもそも私自身、結婚するまでは夫の家の家政婦として働いていました。

 

身寄りのなかった私を夫の父である大旦那様が引き取って戴いて…仕事まで与えて貰いました。

 

そして家政婦の私に何の魅力を感じて戴けたのかは、夫に好意を持って戴いて…そして結婚する事になったんです。

 

夫は私の過去なんて何も知らないんです…その事に対して正直に言えば後ろめたい気持ちもあります…だけど、夫には飼育されていた過去を話す事は出来ません。

 

今夫との結婚生活で満たされる事はありませんが…それでも初めて手に入れた温かい居場所だからどうしても手放す事が出来ないんです。

 

私って…ずるい女ですよね…?

 

そんな想いを胸に抱いているのに…こうして貴方に飼育されたいと懇願してしまっています…

 

 

軽蔑されても仕方がないと思います…だけど、私はそれでもいいんです…どんなに軽蔑されても、私の事なんて人として扱う必要なんてありません…

 

ただの性処理の道具として使うだけで私は構いません…

何もしていないのに…私の身体は勝手に発情して…我慢する事が出来なくなってしまうんです。

 

出来る限りのお礼もしますし…私の心も身体も全て貴方に捧げます。

 

淫らな雌を貴方色に調教して戴けませんか…? 

  • 1